少ロット生産、承ります。

プラスチックの小ロット生産

あっという間に出来るんです。

通常、プラスチックの射出成形は大量に商品を生産することを目的に行われるため、あっという間に多くの生産が出来ます。
どれくらいあっという間にできるかと言えば、プラスチックの射出成形機は1時間で100個前後(※)は簡単に作ることができてしまいます。
ですから、成形メーカーにとっては数百個は超少ロットになります。動画は編集無しの1回の成形です(この1回成形のことを1サイクルといいます。)
※小~中型成形機で・1個取・1サイクル36秒として計算。

生産ロットの落としどころ

大量に生産と言っても…業種や流通量、予算等によって『大量』の数量は異なります。
毎月、5万個、10万個出荷されるようなものから、年に1回、数百個という出荷もあります。
お客様にとっては数百個も大量かもしれません。
弊社には小売りをしている商品もありますので100個売る大変さもわかります。
つまり、立ち位置や見方が変われば『大量』の言葉の定義なんてガラッと変わるわけです。
そこで成形メーカー都合の大量を押し付けないようにしなければと思い…弊社はお客様のご希望の発注ロットを考慮して成形を承ります。
売り手、作り手のそれぞれに最適なロットの落としどころを決めて生産対応いたします。
成形メーカー目線の少ロット感覚について書いてみましたので参考になれば。→少ロット生産っていくつから少ロット?
必要とあれば100個でもそれ以下でも成形対応いたします!もちろん1個でも^^

【少量生産事例】

・機械部品:材質PBT:発注ロット70個:納期2週間程度
・電機部品:材質ABS:発注ロット200個:納期2週間程度
・電機部品:材質PC:発注ロット500個:納期3週間程度
・雑貨品:材質PS:発注ロット500~1000個(都度指示):納期都度調整
その他様々な事例あり

切削・3Dプリンター等の金型不要の生産もできます。

上記は金型の必要な射出成形による小ロット生産ですが、これ以外にも金型の不要な切削加工、3Dプリンター、光造形など作りたいものに応じた最適な加工法での極少量の生産も承ることができます。
作りたいもの、必要な量、予算、用途などによって最適な方法を弊社で検討し見積りいたします。

まずは、お問い合わせ下さい。

どんな商品か(図面や現物サンプル)、年間使用数、材質、ロット、希望単価、梱包状態などを教えてください。
それらをうかがえば、最適なロットやコストなどのご提案をすることができます。
問合せフォーム、TELよりお気軽にお尋ねください。

    お問い合わせ フォーム

    お名前 (必須)

    会社名/組織名

    部署/役職

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)

    添付ファイル(写真・図面等ございましたら添付下さい。)

    ※最大3MBまで添付可能

    添付1 

    添付2 

    添付3